今からはじめる仮想通貨!

仮想通貨って始めるのはもう遅い?

全然そんなことはありません。

 

今からでも全然間に合います。そんな人向けに書いてみましたので、始めるか悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

 

仮想通貨でまだ稼ぐことは可能?

何回でも言います、まだ始めていない人は非常にもったいないです。庶民が莫大な富を築くことができる一生に一度かもしれないチャンスが来ています。

仮想通貨の価格推移はというと、

2017年1月に仮想通貨を買っていたら2018年1月にどうなっていたでしょうか?

●ビットコイン・・・14倍

●イーサリアム・・・86倍

●リスク・・・129倍

●リップル・・・273倍

●ネム・・・240倍

●ライトコイン・・・49倍

●モナコイン・・・377倍

●ダッシュ・・・84倍

見てもらえればわかるようにかなりのプラスになっています。

1万円づつ購入していたとしても、1000万円超えていますね。すごくないですか。

ここで、もう上がりすぎていて遅いのではないかと懸念する人もいると思いますが、そんなこと全然ありません。2017年前半に始めていた人よりは儲かりしろが少ないのは確かですが。

 

少し振り返りますと仮想通貨は、2017年11月~12月に暴騰しました。どのコインも数倍にもなりました。どれを持っても上がるおかしい状況でした。その後、2018年1月に入り、どうなったかというと暴落しました。

どのコインも半分以下になりました。上がり続けることはないということです。12月に始めた人たちにとってはすごい衝撃だったと思いますが、長い目で見ると上がっていくものと思っています。

仮想通貨はまだまだ発展途上であり、価値が上がっていくと思いますので今からでも全然間に合います。

 

仮想通貨で儲ける方法として初心者向けに書いていきますのでぜひ実践してみてください。

まずは、どこかでビットコインを買う

ビットコインを買うには取引所や販売所で買えるのですが、まずは簡単に購入できる「bitflyer」で購入してみましょう。

少量でもいいです。1万円分でもいいです。買ってください。

買っているのと、買っていないのでは自分のモチベーションが全然違ってきますのでまず少額でいいので購入してみてください。購入することで自然と調べるようになります。購入していないと後回しになったりしてチャンスを逃すことになります。まずはここからです。

 

購入し、気絶(ほったらかし)しておけば勝手に数倍になっている可能性もあります。ビットコインでは何百倍とかは難しいですが、その辺を目指すのであればこの先をしっかり読み進めてください。

仮想通貨について学ぶ

まずは少額から購入してみることを勧めますが、学んでからという人もいますので、僕自身どんな感じで始めたのか紹介していきます。

僕が始めたのは2017年4月で、なんか仮想通貨騒がしくて、儲かりそうだなーってかなり安易な気持ちから始めました。

最初はbitflyerで開設し、当時1BTC=15万円だったのですが、5万円分(0.3BTC)購入しました。もちろん何も調べずに購入です。

調べだしたのは購入してからです。その後、コインチェックも口座開設。アルトコインのこととかはこの辺りで調べだしました。

 

今だから言えますがまず、知っとかないといけないのは(僕は突進しましたが)

● 仮想通貨とはなにか?(基礎中の基礎)

● 仮想通貨のセキュリティー(知らないとやばい)

これぐらい知っておけばとりあえず後は購入してから勉強しても全然大丈夫です。むしろ、セキュリティーだけ知っといていいと思います。

仮想通貨(ビットコイン)ってなんだ?

仮想通貨とは?

仮想通貨とはインターネット上で利用できる通貨のことを「仮想通貨」といいます。実際に手にできる紙幣は存在せず、データという形でしか存在しないお金です。

 

日本ではビットコインというワードがよく出てきますが、仮想通貨=ビットコインではありません。ビットコインは仮想通貨の1種類にすぎません。現在数千種類の仮想通貨は存在していますが、ビットコインビットコインとなっている理由は、世界で初めて誕生した仮想通貨がビットコインだからです。

 

仮想通貨の基軸通貨的な存在にもなっています。ビットコイン以外のコインがアルトコインと呼ばれているのはそのためです。ビットコインが暴落すれば、その他のコイン(アルトコイン)も暴落します。

あまり知らない人にとってはビットコイン=仮想通貨となってます。

楽天ポイントなどとどう違うのか?

よくポイントとかと何が違うんだと疑問になる人もいますが、全然違いますね。

それは、発行主体がいるかどうかになってきます。楽天ポイントは楽天が発行しているポイントになります。つまり楽天が作り管理しています。

逆に仮想通貨はというと、仮想通貨は発行主体がいません。だれでも作り出すことが可能なんですね。

仮想通貨は非中央集権という言葉がよく出てきますが、発行主体があるかどうかということになります。

発行主体がいたほうがよくないか?

発行主体がなければ独立性が高く何が起こったとしても利用できる安全な通貨とみることができます。極端なことを言えば明日楽天がポイントを辞めますってことも0ではないですよね(まぁ可能性は0ですが)。発行主体があることでポイントの価値って発行主体次第になってくるんですね。

 

法定通貨(日本円とかドル)だと国の政治的な問題や世界情勢に左右されてインフレやデフレが起こり1ドル、1円の価値が変わりますよね。発行主体がない独立的なものであるので、こういった政治的影響も受けにくいとも考えれます。

仮想通貨のセキュリティー

仮想通貨を購入するうえで最も大切なことは、「セキュリティー対策」です。

なぜ「セキュリティー対策」が重要なのか、仮想通貨は目に見えるものではないので、パソコンやスマートフォンを財布代わりにネットにアクセスすることになります。

そのため、セキュリティーが万全でないとあなたの財布の中身から盗まれてしまう可能性があります。

怖いですよね?

本当に怖いんです。なので、セキュリティーはしっかりとしておきましょう。

国内の取引所で口座開設をしよう

仮想通を購入するには国内の取引所で口座開設することから始めます。どこの取引所も本人確認が必要になりますが、口座開設はすごく簡単です。

 

口座開設すると、すぐに購入できるわけではなく、登録した住所にはハガキが届くまで取引等できないので、少しでも早く購入したい人はとりあえず申請してください。

 

国内で人気の取引所は、

● bitflyer

● zaif

● coinchek

● QUOINEX

まず初心者の方であれば、【bitflyer】で口座開設してみましょう。

それぞれの取引所には扱っている仮想通貨が違うなど特徴がありますので、どこでどの通貨を買えばいいのか等も今後まとめていきます。

どの取引所も購入までの流れは同じです。

① 取引所に日本円を入金(銀行振込・コンビニ入金)

② 入金したお金で仮想通貨を購入

以上で購入できます。とても簡単です。

しかし、口座登録の時に気を付けてほしいことがありますので、そのあたりも説明していきます。

口座登録時の注意点3つ

口座登録時にも注意点がありますので説明していきます。

● メールアドレスはできるだけ使いまわさない

● ログインパスワードは複雑なものに

● 二段階認証を設定する

すべての取引所でメールアドレス登録及びパスワード設定があります。つまりメールアドレスとパスワードが知られてしまうと自分の仮想通貨は盗まれてしまします。なので、細心の注意を払わないといけないところです。

メールアドレスの使いまわしやパスワードの使いまわしをすることで一つの取引所でハッキングされてしまったらもう盗まれてしまいます。それこそ大変なことになりかねません。日本国内の取引所から海外取引所を使うってなった時には必ずこの注意点は守ってください。自分の資金を守るためです。

二段階認証は必ず設定

ここでもまた、注意事項がありますので。必ず読んでください。

どこの取引所でも二段階認証設定があります。

二段階認証とは、ログインや取引を行うときに「一定時間しか利用できないパスワード」です。二段階認証設定の時にも注意事項があります。

 

● 二段階認証は複数の端末で設定する

● 設定画面を紙で打ち出しておく

まず、二段階認証は、スマホ(タブレット)で行います。たいていの人は普段使っている自分のスマホ1台で認証します。僕もそうでした。

そういった場合どうなるか?

スマホをなくしたら終わりです。

僕自身、ゴルフをしていて紛失したことがあります。ホールの途中に気づいて1ホール戻った場所に落ちていて安心しましたが、その時はそのスマホしか設定していない状態だったので本当に焦りました。

なので、複数台のスマホやタブレットで認証しておくことが大切です。方法は簡単です。バーコード読み取るときに違うスマホやタブレットにも読み込ませておくだけです。めちゃくちゃ簡単です。

 

次に紙で印刷しておくことなのですが、これもしておいたほうがいいですね。バーコード画面を印刷しておくことで、もしスマホが壊れた時その紙のバーコードを読み取ればいいだけです。

なんかセキュリティーのセキュリティーって変な感じですが、もしもスマホをなくしたりして二段階認証ができなくたときとんでもないことになります。

最悪、自分の口座に入れず、無くなってしまうということもあり得ますので十分に注意してください。いちいち取引所とやり取りをして説明し復活させてもらわなければいけません。

国内口座ならば無くなるということがないかもしれませんが一撃を狙って海外口座で紛失した時なんかは、すべて英語でやりとりをしたりしないといけなくなったりして、かなりの労力を使うと思います。本当になくなってしまう可能性もあります。

 

結構めんどくさいのですが、必ず守ってください。

いよいよ取引開始。どれを買えばいいの?

ここから取引開始になります。

まず、ビットコインとアルトコイン(ビットコイン以外)があります。

 

アルトコインそれぞれに特徴がりありますので、将来性を感じるものを購入してみると面白いです。

僕自身、初めて購入したのは、ビットコインで、次にイーサリアム、リップル、リスクといった感じです。

 

僕はリスクとイーサリアムを押していますので、それらをおすすめしますが、自分がこれと思ったものでいいと思います。

 

基本的に日本の取引所に上場しているものは、ホワイトリストといって日本政府に認められている通貨=詐欺でない通貨なので詐欺と言われている仮想通貨はほとんどありませんので、ホワイトリスト入りしている通貨は基本的に購入しても詐欺ではないですね。

買った後はどうするのか?

購入後は、ほったらかしでも個人的にはいいと思っています。仮想通貨を売買するととんでもない税金がかかってきます。

もったままだと税金はかかりません。

売買を繰り返して、1億円稼いだとしても税金で5500万円持っていかれます。

そのまま放置するというのも一つの作戦です。

 

僕自身は、LiskとEthereumは放置で、あとは短期売買しているといった感じです。

 

仮想通貨で夢を見たい人は基本的に短期的に増やしたい人が多いと思うので、短期的に増やす方法なども書いていきますが、かなりリスクがあります。

僕も12月~1月の上昇相場で短期的にかなり増やしましたが、かなりリスクをとりました。

短期的に増やしていきたい人が実践すべき方法

海外口座を開設しよう

短期的に増やす方法として間違いないのが、

海外口座の開設です。

日本の取引所だけでは間違いなく短期的に爆発的に増やすことはできません。

中期(月単位)・長期(年単位)的にはもちろん可能ですが、短期的に爆発的に増やすことはなかなか難しいです。

 

それはなぜかというと、日本に入ってくる仮想通貨はすでに安全が保障されたものがほとんどです。つまり、結構みんながこの通貨は安心で詐欺ではないよーって言っているものしか日本の取引所で購入することはできません。

 

では、海外取引所ではどうか?詐欺から安全なものからなんでも扱っています。つまりその中で将来日本に入ってきそうなものなどに先行投資をしておくことで爆発的に増やすことも可能になってきます。

海外取引所の有名どころでいえば、【BINANCE】や【Bittrex】などですね。

こういった取引所で一発逆転も面白いです。リスクはかなりありますが。

SNSで情報収集

仮想通貨の情報はSNSで結構出回っています。

特にTwitter。

Twitterでは、あの通貨がアツいとかってかなり出回っています。これからかなり上がるとこ。すべて鵜呑みにすることはよくないですが、正確な情報を収集して投資してみると、結果が出るのが早いのでとても面白いですね。

Twitterはかなり勉強になりますので、ぜひ仮想通貨について検索してみてください。

まとめ

仮想通貨で儲けるまでの流れとして、

何も考えずに

● 国内の取引所で口座開設する(注意事項に気を付けて)

● まずは、どこかでビットコインを買う

● 国内口座でアルトコインを購入

● 海外口座で一発を狙う

 

こんな感じで進んでいくといいですね。

少しづつ学んでいって1年後には数倍になっていたらいいな、みたいに思っているといいと思います。

ちなみに、すべて自己責任の範囲で実施してください。本当に上がったり下がったりが早い世界です。なにが起こるかわかりません。

 

とりあえず、倍になったところでよくばらず投資分の資金は回収しておきましょう。軍資金をいったん回収することで気分がかなり変わってきます。

 

昨年からかなり盛り上がっていますが、仮想通貨はまだまだ全然上がっていくと思っていますので、ぜひ始めてみてください。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です