僕が期待しているLiskとはどんな通貨か紹介します

僕自身は仮想通貨にいくつか投資しています。

そのうちの一つがLisk(リスク)です。

今回はLiskがどんな通貨なのか紹介していきます。

Lisk(リスク)はどんな仮想通貨?

Liskとは、分散型アプリケーションプラットホームのことで、Liskのプラットフォーム内で使える通貨の名前が「Lisk(LSK)」です。

 

LiskはEthereum(イーサリアム)と似ていますが、Ethereumにはない独自の特徴があります。

バージョンアップやリブランディングなど、多くの改革が予定されて、将来性で注目されている仮想通貨です。

 

Liskは仮想通貨と混同されがちですが、分散型アプリケーションプラットホームです。

Liskというプラットフォームがあり、そのプラットフォーム内で使える仮想通貨の名前が「Lisk(LSK)」となっています。

 

Lisk(リスク)は2016年5月、スイスで設立されました。

2016年2月から3月にICOが行われ、14,000BTC以上を調達しています。

 

仮想通貨はスイスに設立することが多いのですが、Liskも例外ではありません。

スイスは国を挙げて仮想通貨の普及に取り組んでいて、ビットコイン先進国と言われるほど。

仮想通貨の会社や財団を立ち上げると政府から支援があったり、有利な点が多いです。

 

Lisk(リスク)の特徴

Lisk の特徴は、Ethereumと比較すると判りやすくなります。

LiskとEthereumには、共通している特徴と、全く違う特徴があるためです。

 

・スマートコントラスト

LiskとEthereumに共通しているのが、スマートコントラストの技術。

 

スマートコントラストは、契約を自動的に実行したり、保存する機能です。

契約内容のすべてが、ブロックチェーンに書き込まれます。

 

Ethereumは、スマートコントラストにおいて圧倒的なシェアを誇ります。

LiskのシェアはEthereumにかないませんが、スマートコントラストの技術では共通しています。

 

・LiskとEthereumは、コードが違う

 

Liskは、Ethereumからフォーク(分岐)した仮想通貨ではありません。

Liskのコードは、CryptiプロジェクトのOliverのコードがベースであり、Ethereumとは全く別のものです。

 

・サイドチェーンとは

LiskとEthereumの最も大きな違いは、サイドチェーンです。

 

Liskのプラットフォームには、メインチェーンとサイドチェーンが設定されています。

Ethereumのプラットフォームは、メインチェーン単独です。

 

メインチェーンだけで情報を処理するより、サイドチェーンもあった方が、情報処理能力が高くなります。

サイドチェーンはメインチェーンから独立して動作するので、新機能の追加も容易です。

 

メインチェーンとサイドチェーンに分かれていると、アプリに問題が発生した時に、対応の選択肢が広いというメリットもあります。

Ethereumのようなメインチェーン単独のプラットフォームは、アプリに問題が発生した時、修正が難しいのです。

 

Liskではプラットフォーム上のアプリに問題が発生した場合、プラットフォーム全体を修正する必要はありません。

状況にもよりますが、問題が起きたアプリを修正するだけで、問題を解消できる確率が高いのです。

 

他の仮想通貨との比較

 

Liskと他の仮想通貨を比較した時、もっとも違う特徴が2つあります。

 

1つめは、Liskにメインチェーンとサイドチェーンがあること。

メインチェーン単独に比べて、アプリの問題を解消しやすくなっています。

 

2つめは、Liskのプログラミング言語がJavaScriptであること。

JavaScriptはよく知られている言語なので、開発者が参入しやすく、管理がしやすいというメリットがあるのです。

 

Liskの発行枚数が無制限であることも、仮想通貨としては珍しい特徴です。

Liskの場合、開発当初からインフレ通貨(発行枚数が無限の通貨)に設定されています。

発行枚数に上限がないので、毎年新しいLiskが発行されるのです。

 

ビットコインなど仮想通貨の多くは、発行枚数が限定されています。

仮想通貨の総発行枚数が確定していると、極端な値下がりを防いだり、いろいろな効果を発揮するからです。

 

Liskの発行枚数に上限はありませんが、値下がりするほど発行しないシステムになっています。

発行枚数を調整することで、安全性を保っているのです。

 

Lisk(リスク)に将来性はある?

Liskはマイクロソフトのクラウドサービス「Azure」のシステムと連携した他、次々と改革や更新をスケジュールしています。

 

2018年2月20日には、Liskのリブランディングが予定されています。

リブランディングとは、ロゴを変更したり、公式サイトのリニューアルなど、大胆な改革を行うこと。

仮想通貨でリブランディングすると、ブランドイメージを高め、ブランドの認知度をあげる効果があります。

 

仮想通貨「DarkCoin」は、名前を何度も変えてリブランディングしたことで、価格上昇に成功しています。

Liskも今回のリブランディングで価格が上昇する可能性が高いのです。

 

Liskの2018年4月のSDK配布、2018年7月の分散型取引所も、価格上昇が期待されています。

 

Liskには、日本国内の大手取引所に上場していないという特徴もあります。

日本国内でLiskを扱っているのは、コインチェックとbitFlyerだけです。

 

モナコインがbitFlyerに上場した直後、それまでの数十倍の価格に高騰しました。

Liskは今後、上場する大手取引所の数が増えていくものと考えられます。

ビットコインなどすでに上場済みの仮想通貨と違って、新しく上場するたびに、価格が上昇する可能性が高いです。

自動で増やすことができる

Liskを自動で増やすことができます。ウォレットに入れておくだけで自動的にもらえます。

「VOTE」といって、ビットコインでいう「マイニング」です。

これが簡単にできるというのも大きな特徴です。

 

僕も、「VOTE」に挑戦しており、なにもしなくても増えています。

1000LSKで月6~8LSK増えると言われております。1LSKがもし10万円になった時には、60万円~80万円が入ってくることになります。(夢のような話ですが)

リスクが10万円になることは全然不可能ではないので、かなり期待しています。

まとめ

Liskには僕自身かなり期待しています。

とりあえずは、アップデートとリブランディングがスケジュール通りいけば1万円になるのもすぐなのではないかと思っています。

Liskについては今後の動きも追っていきます。また、VOTEの状況(実績)なども伝えていければと思っています。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です