リップル(XRP)を安く買える取引所とは?連休後の暴騰前に買っておけばいい理由を過去の傾向から分析

リップル(XRP)は、仮想通貨の話題が出ると結構な確率で出てくる通貨になっています。

僕が仮想通貨に手を出したきっかけもリップルでした。

実際、チャットなどを見ても一番語られるのはリップルです。

そして、おそらく

仮想通貨の暴騰祭りのキカッケはリップルです。

今、前回記事で地合いが良くなってきていていいニュースがたくさん出ているので祭りが始まりるよって書きました。

前回記事はこちら

 

お祭りのスタートは、リップルになるだろうと考えています。

なので、リップルはなるべく早く買っていたほうがいいです。

 

暴騰はいつくるかわかりません。今日かもしれませんし、明日かもしれません。突然やってきます。

そんなリップルを安く購入するための取引所を照会していきます。

リップルを安く買える取引所のはこの取引所!

リップルを安く購入できるのは、bitbankです。

販売所と取引所がありますが、bitbankは取引所になります。

手数料はというと、無料です。なので、必然的に一番安く買えます。

 

コインチェックなどの販売所では、販売手数料があり、少し高めのレートで買わなければいけませんが、bitbankなどの取引所に関しては、そのレートで買えるので必然的に安く買えます。

ただし、板取引をしなければいけないので、取引したことない人かとかだったら少し戸惑うかもしれませんので次で詳しく説明していきます。

 

超簡単!bitbankでのリップルの買い方

bitbankは販売所でなく、取引所になりますので、板取引になりますので、ここでリップル購入方法を詳しく解説していきます。

ログインすると下記のような画面が出てきます。

初めての人は??となるかもしれませんがすごく簡単なので、順番に読み進めていってください。

① リップルを選択する。(リップルじゃなく他の通貨でも同じです)

購入するために操作するところは、左上で通貨選択と、一番右の注文だけです。

② 注文をする

注文には、指値(さしね)と成行(なりゆき)があります。

指値とは、自分が思う価格を板に入れてその値段になったら買うという注文方法

例えば、現在リップルが98円だとして、95円になったら買いたいなと思っていたら、この指値で95円と入れて板に95円を出現させて、その価格に落ちてくるまで待つという取引方法です。

成行とは、現在の価格ですぐにでも買うという注文方法です。(板の現在価格で購入する方法)

今すぐ買いたいというときによく使います。別にリップルほどの流動性があるものであれば成行でも全然問題ありません。

リップルほどの流動性があれば全然大丈夫ですが、流動性が少ない通貨とかはかなり危険ですのでこれは注意してください。

まず、どちらの方法で取引するか選択します。

 

指値注文の方法は、

① 指値を選択

② 買いを選択

③ 買いたい価格を記入

④ 買いたい数量を記入

⑤ 注文

買いたい価格は板をクリックしても反映されます。

 

成行注文は、

① 成行を選択

② 買いたい数量を選択

買いたい価格の決定はというと板の現在価格(売られている値段)で決定します。

どちらの方法にしても、簡単に購入できますので試してみてください。

過去から振り返るリップルの今後の値動き

昨年のGWからのリップルの急騰はかなり熱かったです。

その去年の傾向から、今年はどうなるのか探っていきます。

では、去年の連休前からのリップルの日足チャートです。

昨年のゴールデンウィークは、5月3日(水)~7日(日)まででした。

チャートを見る限り、ゴールデンウィーク中はずっと上げっぱなしです。

しかし、GW期間中でいうと、一番上げているのが、GW終了前日の日曜日とGW明け1日目(GW期間中ではないですが)です。

 

なぜそこで上がりやすかったのか、お金の流れで考えられることは、

 

古くから参加している人が、

GW期間終了時の新規参入者の入金(銀行営業開始による)により、リップルが買われると予想し前日に(前日までに)先回り購入。

なぜ、リップルなのかというところは、

当時よく知らない人にとっては、仮想通貨と言えば、ビットコインとリップルってところがあった。

こんなところだと思います。

で、いざGW明けにこの読みが大正解し、入金待ち組がたくさんいて、仮想通貨、リップルを購入して急騰したってシナリオだと考えられます。

 

その後の急騰についても、twitterなどで、リップルは100円まで行くぞー(当時は30円程度)って情報が出回り新規参入者の出遅れ組による、急騰だと思います。

案の定、高値掴みさせられる羽目になっていますが・・・。

 

 

高騰しやすい理由をまとめると

リップルが高騰しやすい理由

① 今年のGW期間中は仮想通貨の好材料ニュースが多かった。悪材料ほとんどなし。

② 2月からの暴落で日本円に変えていた人たちが帰ってくる。

③ 仮想通貨新規ユーザーが増えている。

 

つまり、連休後は上がりやすくなってくると思います。リップルは特に好ニュースが多かったので買われる人も多いですし。

なんか去年と似てます。

去年ほどの2倍以上の急騰をしようと思うと、仮想通貨の種類が増えすぎて、ジャパンマネーだけでは無理ですが、海外マネーも入ってくるとありえそうですね。

 

ここまで、何が言いたかったというと、

あとで買うなら今からリップルを買っといたほうがいいよってことです。

流れに乗るのが勝ちへの近道になりますので、一度過去の傾向も分析してみてください。

リップルを手数料無料で

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です