仮想通貨市場が大暴落直前?セリクラくるか!

こんばんは。

株をメインとして仕事終わってから当日の答え合わせをしているのですが、ちょっとだけ仮想通貨も触っています。

 

今日は仮想通貨について少し書いていきます。

 

仮想通貨市場はすこぶる低迷期到来

みなさんご存知のとおり仮想通貨市場は12月~1月の大暴騰後に大暴落が来ています。ほとんどの通貨で5分の1~10分の1近くになっています。

当然僕の資産も5分の1近くになっています。

 

まぁ1月に税金利確をし、損はしておりませんが・・・

 

よかったよかった。

 

1月ですべて利益確定し、現金に変えていた人は控えめに言って天才ですね。

 

僕の残った通貨は目も当てれない状況です。

 

で、低迷期だからと言って、落ち込んでいる人も多いと思いますので、ここで僕の考えを述べていきます。

僕が思うビットコインの今後

ビットコインは直近は誰が見ても下目線は間違いないですね。

チャートを見ると

目指しているラインは前回の安値ライン等ですね。

意識される底値は、

意識される底値

・70万円

・65万円

でしょう。

これを割ると58万円、45万円って感じかな。

 

65万円を割ればかなりピンチなのは間違いないです。

 

で、僕が思うには、

 

もうこれ以上ネガティブ材料はないでしょう

 

ということ。

 

なんでかというと、今日のニュースでいうと、ETF承認が9月30日まで延期になったよっていうニュースがありました。

 

これを受けてBTCは急落。

 

でもよく考えたら、長い長い低迷期で(低迷期といっても価格は70万円以上の値を付けていますが)、もう悲観的な人はいない、つまり売りたい人は売っているんじゃないかなと思っています。

 

実際のところはどうなのかわかりませんが。これ以上ネガティブ材料ってないんじゃないのかな。材料出尽くしってやつですね。

 

これ以上のネガティブ材料を考えてみると、

大手取引所ハッキング or 消失

ぐらいじゃないのかな。

 

でもこれは、あり得ることだから怖い

 

まぁ次上げるような材料が出ると、上へ進んでいくんじゃないかなと思っています。

 

そのタイミングが9月30日のETF承認かな。ここをターゲットにし9月初旬から中旬で上げ相場を作り、9月30日で去年末のような花火を上げるんじゃないかなと期待もあります。

 

実際、仮想通貨はまだ実用性はないですが、将来的にはインターネットのように必要なものになるのではないかなと思っていますし、価値が0になることはほとんどないですが、どこまで下がるかは誰にも分りませんし、適正価格はありません。

 

ですので、下落の注意はかなり必要になってきます。8月、9月は特に注意が必要なんじゃないかなと思いますね。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です