EOSの積立投資を始めます

仮想通貨の記事もちょくちょく書いていますが、ビットコインも65万円の攻防がきてますね。

これを割るとえらいことになりそうですが、なんとか死守しています。

 

僕自身原資以上の資産をすでに抜いているので、静観していますが、みるみる資産は減っています。

 

でも、一時期でもあったお金が無くなるのは痛い。

 

で、ここで、EOSへドルコスト平均法による積立投資を始めていきたいと思います。

なぜ積立投資?

仮想通貨の見方はいろいろ意見が分かれていますが、僕は

 

仮想通貨の未来は明るい

 

と思っています。

また、先日「金持ち父さん・貧乏父さん」の作者であるロバート・キヨサキ氏が

 

「仮想通貨はドルにとって代わる」

 

と発言しました。

 

このような発言からもわかるように絶対的に必要な存在になりつつあるんじゃないかな。

 

それが1か月後なのか、3年後なのかわかりませんが。

 

ただ、

 

必要=価格が上がる

 

は違っていて、必要だから上がるってものでもありません。その辺が非常に難しいところ。

 

どこかでまた急騰しバブルがきて、崩壊が来るのは間違いですが、その急騰するときまでは、少しづつ積み立てていきたいです。

EOSへの投資理由

EOSへ積立を行いますが、なぜEOSか説明していきます。

 

まず、仮想通貨は格付け発表が様々ところから行われています。

格付けランキングを見てみましょう。

ランキングWeiss RatingsスコアDprating
スコア
1位EOSBEOS5
2位ADABADA5
3位XLMB-ETH5
4位ETHC+TRON5
5位XRPC+LISK5
6位ETCC+LOOM5
7位NEOC+PART5

格付けの説明をすると

格付
A=Excellent
B=Good
C=Fair
D=Weak
E=veryweak

次に、時価総額を見ていきます。

時価総額とは、そのコインにいくら資金が流入しているかということです。

 

時価総額=流通枚数(発行枚数)×現在の価格

 

その通貨の資産価値みたいな感じかな。時価総額が高ければ高いほど、そのコインをいろんな人が保有(購入)しているということになります。

 

コインマーケットキャップで、現在(8月11日現在)の時価総額を見ると、

時価総額ランキング
BTC(ビットコイン)= 約108憶円

ETH(イーサリアム)= 約32億円

XRP(リップル)= 約12憶円

BCH(ビットコインキャッシュ)= 約10億円

EOS(イーオーエス)= 約 4.5憶円

上記のようになっています。

あれっ?

 

ランキングで、EOSはETHやXRPより上のはずなのに、

 

時価総額が圧倒的低い

 

仮想通貨にお金が戻りETHと同様の時価総額になるだけで、

 

現在の価格は

 

8倍

 

あり得るな。

 

技術はあるのに、株価が上がらないのと一緒で、なにか材料が出れば必ず急騰するはずです。

技術力、マーケティング力があるEOSを考えると、どう考えてもおかしい。

 

つまり期待されている通貨で、上昇余地が高いのは、EOSだろうという理由です。

 

仮想通貨の全体の底上げがあれば、さらに値上がりすることも十分考えられます。

 

参考までに、僕がTwitterで仮想通貨のことを見ている人の記事を読むとEOSのことを記載していましたので、参考にみると面白いです。

 

借金1億円を返済した最強仮想通貨女子「私が億超えした理由」

 

この中で、

●EOS

公開日’17年6月

直近価格1495円

過去最高値2339円

目標価格4万5000円

イーサリアムなどと同様の分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォーム。トランザクションは驚異の速さを誇り、手数料無料でコスト削減効果が見込める。ICO直後には時価総額トップ10にランクインしたことも注目を集めた

引用元:借金1億円を返済した最強仮想通貨女子「私が億超えした理由」

 

目標価格=4万5千円!!

えっ!!

 

今からでいうと、100倍近く!!

 

ちょっと100倍は極端ですが、半分の50倍でもすごいですよね。

 

ちなみに、借金1億円を返済した最強仮想通貨女子のかなぴっぴさんは、Twitterをよく見ているのですが、かなり勉強されており、行動力が半端ないです。行動力があり、勉強熱心な人はかなり信頼できると思っているので、全然可能性はあるんじゃないかなと思っています。

運用方法

2018年末までは初期投資として、毎月初旬に10万円入れて、それ以降は毎月5万円づつ。

ブログなどで報酬がいただけるようになれば、全額仮想通貨へ入れていこうと計画中。

 

報酬がいただけるようになれば・・・。

 

このような計画です。

 

どんな結果になるか楽しみです。無くなっても儲けた分がなくなるだけで今年の税金を払わなくてよくなるって感じで、精神的には大丈夫か?

 

いや、辛い。

ドルコスト平均法とは【参考】

僕が行うドルコスト平均法を説明します。

ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。

高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種であるが、数量を等分するのではなく、金額を等分する点が単なる分散と異なる。価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多いため、単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされる。価格が下がった場合のみならず、上がったときにも買う点で難平買いとは異なる。

長期投資でリスクを抑制し、安定した収益を得たい場合に使われる手法である。上げ相場でドル・コスト平均法を行うと平均購入単価がかえって高くなり、収益を減少させてしまう欠点もある。タイミングを精密に測れないため、値動きの早い商品で、ハイリターンを目指す投資には向かない。

引用元:ウィキペディア

簡単に言うと、

 

高値・安値は誰にも分らないため、毎月一定の額で購入し、購入単価を平準化しようという投資法。

 

まさに、情報分析とかっしない人とか投資初心者さん向けな投資法です。

 

 

ちなみに僕はあまりドルコスト平均法での投資は行っていません。

ロボアドバイザー等で実験的に行っていますが、基本的に自分のタイミングで資金を入れて投資をしていきたい性格です。

 

しかし、仮想通貨の場合は、日々目まぐるしく情報・情勢が変化するので、ドルコスト平均法は有効的なんじゃないかなと思います。

あまり時間が取れない人が、今の状態で、分析しても勝てないのかなという感じもしていますので、この方法がいいのかなと思っています。

 

まだまだ、下がる余地はかなりありそうですが・・・

 

ドルコスト平均法は、ルール通りできるので確実ですし、機械的に行えるので精神的にもいいところですね。

まとめ

ここから仮想通貨が10分の1になる可能性も十分に考えられますが、主要通貨(詐欺でない)さえ選択しておけば、可能性は限りなく低いのではないかなと思いますが、リスクがかなり高いのはわかっていますが、挑戦していこうと思います。

 

とりあえず、近日中に初期投資の10万円を投資してみます。

 

購入方法としては、手数料の安いbitbankで購入し、海外取引所に送金して購入という流れにします。

 

最近の仮想通貨取引所ではかなり手数料が安く、セキュリティー面も信頼できる取引所ですので、ここから仮想通貨を購入することをオススメしますね。

口座開設していない人はぜひ開設してください。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です